自動車の処分方法は

車の模型

自動車の処分方法には廃車、下取り、買取りの3つの手段がありますが、おすすめされるのは買取りです。まずそれぞれの処分方法の違いをみてみましょう。廃車は登録を抹消して自動車をスクラップにしてしまう方法、下取りは販売店で自動車を新規購入する代わりに引き取ってもらう方法、買取りは業者に自動車を買い取ってもらう方法です。廃車にする場合は自己負担費用がかかりますが、下取りや買取りなら自動車を査定してもらうことができるので費用負担がありません。それを踏まえると下取りまたは買取りがおすすめされますが、ただ、事故車の場合は買取りがいいでしょう。そもそも事故車とは、骨格部分を修繕してある修復歴のある自動車のことです。例えばボディを擦って傷がついただけ、ミラーが割れたので直しただけなら事故車とはいいません。事故車でも修理してあれば中古車として販売できますが、修理するのが難しいケースもあり、その場合は廃車買取を利用することになります。廃車買取とは文字通り、廃車にする状態の悪い自動車を買い取る業者のことです。事故車はもちろん、年式が古い、走行距離が伸びている、動かなくなったなど中古車にならない自動車を専門的に買い取っています。また、中古車でも状態によっては中古車買取で査定が付かないケースもありますが、その場合は廃車買取に査定してもらうことで査定がつくこともあります。

良い買取業者は

交通事故

廃車買取業者を探してみると同じ地域内でも複数社が見つかり、どこの業者に依頼すればいいのか分からないということもあるでしょう。廃車買取業者を選ぶ基準として「国が認可するリサイクル工場を持っている」「税金が保険料の還付の説明があるか」が一つの目安にできます。廃車買取では買い取った事故車をスクラップ(解体)にしますが、リサイクル工場を持たない業者は他工場に持ち込んでの解体となるので余計な費用がかかり査定額に影響します。解体認可については各社ホームページの会社概要などで確認ができます。また、買取業者は一般的に廃車手続きまで代行して行ってくれます。廃車にする場合、自動車税や自賠責保険料を月割りにして還付してもらうことができるのですが、この還付について説明をしてくれる業者がいいでしょう。これらの説明がない場合は還付金を業者が手数料として勝手に着服している可能性があるので注意することです。さらに高い査定額をつけてくれると魅力的ですが、あとで査定額をおお幅に下げてくる業者もいるので、査定額だけに惑わされずに業者ごとの評判も確認しておきましょう。